greenhillviewをフォローしましょう


Recent entries
2015/02/05 (Thu) BAGEL レッスン♪
2015/01/12 (Mon) 焼けました!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々に冷蔵庫に眠ってる花梨酵母に起きていただき、山食パン作りに参加していただきました^^;

山食パン~花梨酵母


・南部小麦              (90%)
・小麦ふすま             (10%)
・花梨酵母元種            (53%)
・自然塩                (2%)
・水                   (53%)

・1次発酵 オーバーナイト(約9時間) ベンチタイム 20分 2次発酵 約2時間(ストーブ傍)
・150度 20分 200度 20分焼成

1次発酵~ベンチまではとても元気が良かったのですが、2次発酵が「ん??」って感じ。
途中で力尽きたのかしら・・・
釜伸びはいま一つです(=_=;)
見た目は結構重たそうですが、食べるとそうでもないです。

焼き始めると花梨のほんのり甘い香りが漂ってきてキッチンはいい香り♪
小麦ふすまも手伝って香ばしさもUPです。


山食パン~花梨酵母
ランチ前にちょいつまみ食いしてしまいました^^;


しかし最近マクロビのおかげで、シンプルなパンしか焼いてませんね^^;
たまにはおやつパンも焼かなくては・・・


(^¬^)



かなり長くなるので時間のある方はどうぞ。


アタシがマクロビに興味を持ったのは、うちダーの体のことが心配だったから。


毎日仕事から戻るのはとても遅く、日が変わるまでに帰宅したら早いぐらいで略午前様。
たまに早朝に帰ってくる事も。
毎日、晩御飯も作ってはいますが、殆ど食べてません。
(次の日のお弁当に入れてますが・・・)
仕事の途中や帰りにコンビニなんかで買って食べてるようです。
それに去年か今年ぐらいから厄年なので、体調管理、気をつけてあげないと・・・って。
倒れられたら困りますからねぇ・・・
何せアタシに子供3人、猫2匹ですから^^;
健康維持は勿論、自己免疫力を高めて病気にならない体を作らなくてはね。
玄米菜食はがん細胞をも殺すことが出来ると聞いてびっくりしました。
もしがんになっても出来る限り抗がん剤などを使わないで、食餌療法で頑張れたらなぁ。

あと以前に書いたことがありますが、アタシも産後、以前からの主婦湿疹がさらに酷くなりました。病院にいってもステロイド剤しか貰えないので行ってないのですが、病院に行っても治らないなら自分の体質を変えて治そうと思いました。

東京ファームさんくいしんぼさんのブログを拝見してるととてもいい勉強になり、更に勉強しようと思いました。
最近はずっと図書館で現代医療の本や食餌療法の本を借りては読んでいます。

元々酒飲みなので甘いものは好きではないけれど、砂糖レスの生活をしてると普段いかに糖分を摂っているのかがよく分かるようになりました。
「糖分」って聞くとケーキとかを想像しますが、世の中の食べ物には殆どと言っていいぐらい砂糖が入ってるんですよね。
市販の辛いお菓子でも表示を見ると大体「砂糖」って書いてあります。
パンにも勿論入ってますし、料理にも入れたりしますよね。

この「砂糖」、体にはとても「害」なのだそうです。
「砂糖」とは精製されたお砂糖の事。
上白糖やグラニュー糖などはそうですね。きび砂糖も注意らしいです。
摂取する事により、体を冷やす(女の人の冷え性が多いのはそのせいかしら・・・)、体内のカルシウムやビタミンの欠乏、アミノ酸の破壊、アレルギー体質になる(蟻が甘いものに集まるのと同じでバイキンが湧きやすくなり炎症も起こしやすい)、肩こりが酷くなったり疲れやすくなる、虫歯になりやすい、成人病をまねく・・・などなど。
体のトラブルだけでなく神経過敏、無気力、自閉症、登校拒否、家庭内暴力など心のトラブルにも大きく関係してるようです。
精製糖は急激に血糖値が上がるため、体に負担がかかります。
感情の起伏が激しかったりキレやすい子供は砂糖の摂り過ぎが原因とも言われてます。
精製されてない砂糖は血糖値は緩やかに上昇するので、体への負担がかなり軽減されるそうです。



ある本に書かれてありました。

「人は病気になった時、『どうして自分だけ?』などと悲劇のヒロインと化すけれど、実は病気は今までの生活習慣が悪かったがために出てくるサインなのです。日本人は元々玄米菜食の人種。戦後一気に欧米化し、人々の食生活はガラリと変わりました。長寿にもなりましたが、アレルギー人口もがん患者も一気に増加しています。
よく『ガンや高血圧、肥満は家系だ』と言いますが、それはそういう食生活の中で生活しているので当たり前なのである。たとえ家系であっても自分の食生活を正せば病気にはならない。」

大分省略しましたが、こんな感じ。
もっと動物性食品の事とかも載っていて、沢山書きたかったんだけど・・・
今日はここまで。
読んでかなり納得し、そしてかなり反省( ▽|||)



今現在、ウチでは週の半分以上は玄米ご飯。
肉料理より野菜料理をメインにし、砂糖を使わないようにしました。
アタシは肉、魚、動物性のものは食べていません。
(たまには食べますがね^^; お友達とランチとかそういう時は周りも気を遣うのでしてません^^;)
ただ、焼酎はアタシにとっては最後の砦なので(どんなんや!!)、禁酒は出来ませんが、量を減らし気味にしてたまには休肝日をつくるようにしました。
マクロビではパンもダメなのですが、それではアタシの愉しみがなくなってしまうので、いつも食べるパンは砂糖を入れずにシンプルに焼くようにしました。




で、で、で、



それを始めて1ヶ月以上経ちましたが、アタシの手に変化が・・・


主婦湿疹が少しずつですが消えてきてます。
好転反応もあり、たまに出る事もありますが確実に良くなってきてます。
まだ油断は出来ませんが、このまま少しの間様子を見ていこうと思います。
体も軽くなったし、体重も少しは減りました。
今までも好きだった野菜だけど、もっと美味しいと感じるようになりました。

これだけでもやった甲斐がありました。

パンに使う酵母、ホシノは違いますが、大概は糖分を餌にして酵母を活動させます。
なので今、「自然発酵種」の研究中。
水と小麦だけで空気中の酵母を付着させて発酵させるのです。

水と小麦だけのパン種でつくった酵母パン 自然発酵種の素朴でおいしいパン・レシピ水と小麦だけのパン種でつくった酵母パン 自然発酵種の素朴でおいしいパン・レシピ
(2008/02/23)
林 弘子

商品詳細を見る


この本で研究中なのですが、自然発酵種である「老麺」を起こすのに約1ヶ月かかるのです。
冷蔵庫に入れて3~4日に1度、粉と水を足して捏ねて又冷蔵庫へ・・・を繰り返すのでかなり手間ですが、果実の酵母よりシンプルですよね。
まあこれでおうちにいる時間が楽しくもなるので・・・^^;


今、起こし中ですが果たして成功するかどうか・・・
大丈夫やろか・・・


でも成功したらその分嬉しいんだろうなぁと思います。


頑張ってみます^^;

成功して作ったパンをUP出来る日がくればいいな。

(≧∇≦)


スポンサーサイト

テーマ:天然酵母でパン作り♪ - ジャンル:グルメ




花梨のはちみつ漬けは風邪薬として常備してますが、
酵母にするとどんなパンになるのか興味あります。

うちも同じく旦那が健康診断でひっかかったのを
きっかけに食事を改善しました。
その日から我が家で牛肉は消えました。
血がどろどろだって~
昼は外食、帰宅も遅く食事時間が遅いのが原因だったのかも。
いつまでも若くないのに食事内容かえないからね~^^;
お陰で今は健診でも超健康体です!

でも、野菜嫌いの旦那や子供の献立を考えるのは今でも一苦労です。^^;

家族が健康であることは私も最大の願いです。
すこしでもhillviewさんのご家族が改善されたらいいですね(^^♪
【2008/02/28 10:36】 URL | コウキチ #FT22Fapk[ 編集]
>コウキチさんへ
あ~、ウチも花梨の蜂蜜漬けありますよ^^;
あれ、ホント咳止めによく効きますよね!
手放せない常備薬です。

コウキチさんの旦那様は健康診断でひっかかっちゃったんですね。
食事は毎日の事だから、安全なものを食べていないと大変な事になっちゃうんですよね。
それに野菜嫌いと来たら・・・
コウキチさん、毎日苦労して頑張って作られてるんですねぇ(:_:)
でも家族の為を思えばこそですよね!

うちダーは健診とかは大丈夫ですが、以前に胃潰瘍やピロリ菌にかかったことがあって・・・
今は完治してますが、再発や他の病気になりかねない生活をしてるので予防の為ですかね^^;
うちの家族は野菜好きなのがまだ救いです^^;

美味しく食べて元気でいられることは幸せな事ですよね。
コウキチさん、これからもお互い『家族の命を預かる身』として頑張りましょうね^^/
【2008/02/28 14:09】 URL | hillview #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 HILL'S @ CAFE~Simple&Slow Life , All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。