greenhillviewをフォローしましょう


Recent entries
2015/02/05 (Thu) BAGEL レッスン♪
2015/01/12 (Mon) 焼けました!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれから、あれから・・・
そう!あれから!

オリーブの塩漬けメープル漬けを仕込んだあの日から・・・


あのオリーブ達は一体どうなったのでしょうか?
その結果報告。


「オリーブの塩漬け」は・・・
ピッツァにのせて食べようと塩抜きをしてみましたが、とても食べられるような物ではありませんでした(;_;)
渋みが強過ぎるっ!
塩に浸かってる部分が少ないと思ったので、更に塩を足してめちゃめちゃ浸かるように漬けてみた。
超塩漬け状態です。

この結果は後日報告。


「オリーブのメープル漬け」は・・・
コチラもまだまだ渋みが残っており食べても美味しくなかった(;_;)
「1年ぐらい漬けるとフルーティーに・・・」と書いてあったのでこちらはもう少し様子を見てみることにします^^;

う~ん・・・
中々オリーブ道は奥が深いでござる(--;)

(オイル作りも失敗したし^^;)

オリーブの品種でも合う・合わないがあるのだろうね。
ウチのは合わないのかなぁ・・・



まだまだ修行が足りぬようですな。





因みに先日の七福神ならぬ「八福神」の謎ですが・・・
ちょっと解明?!したかな^^;

中国では「八仙」と呼んでおめでたい図柄で酒中八仙、蜀の八仙等数種ある中で一番人気は雑劇「八仙慶寿」に登場する「八仙」で呂洞賓(りょどうひん)を中心に、鐘離権(しょうりけん)、張果老(ちょうかろう)、韓湘子(かんしょうし)、李鉄拐(りてっかい)、曹国舅(そうこくきゅう)、藍采和(らんさいわ)、何仙姑(かせんこ・・唯一の女仙)の八仙人だそうです。
(アタシはどれがどれなんだかさっぱり分かりませんが^^;)
 ちなみに日本の七福神は室町時代に画材の竹林の七賢人にちなんで七体の福神を選んだのがはじめで日本だけでなく中国やインドの神様も含まれている。江戸時代に元旦から七草の日までに七福神をお参りすると福が授かるということで流行したそうです。七福神とは恵比寿(えびす・日本神)、大黒(だいこく・インド神)、毘沙門天(びしゃもんてん・インド神)、福禄寿(ふくろくじゅ・中国神)、布袋(ほてい・中国神)、弁財天(べんざいてん・インド神)、寿老人(じゅろうじん・中国神)の七神です。
 日本では七人の神様、中国では八人の仙人。

と言ういわれらしいですぞ^^;
スポンサーサイト

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 HILL'S @ CAFE~Simple&Slow Life , All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。